沖縄で木造住宅・新築住宅なら信頼と実績のあるT&Tにお任せください

200坪からの活用100〜200坪の活用50〜100坪の活用


サービス付き高齢者向け住宅

これから2040年頃まで高齢者人口は増えると言われる時代。さらに10年後の2025年には、介護を必要とする75歳以上の後期高齢者が4人に1人になる時代がやってきます。国は、これまで世界が経験したことがない超高齢化社会に備え、高齢者が老後も不自由なく住み続けられるバリアフリーの賃貸住宅を推進しています。それが、サービス付き高齢者向け住宅です。全国6000棟弱の平均入居率は、なんと90%に迫る勢い。沖縄でも、間もなく100棟に迫る勢いで伸び続けています。一般の賃貸住宅経営よりも安定性が高く、何より地域貢献度の高い土地活用をお考えの方は、サービス付き高齢者向け住宅の経営をお勧めします。

施工事例

サービス付き高齢者向け住宅、通称「サ高住」は、
①建築費の10%が国土交通省から支給されます。
これだけでも非常に大きな補助ですが、加えて
②固定資産税が3分の2(5年間)に、
③不動産取得税がゼロ円化と、国も積極的な推進のためこのような優遇制度を設けているのです。
一般的に、介護サービスは介護事業者や医療法人が提供し、オーナー様に家賃を一括保証しますので、建物の管理はまったく必要ないという点も魅力のひとつです。

このような方におすすめ

  • 一括借上で毎月安定した家賃収入がほしい
  • 補助金をもらって土地活用したい
  • 今後も需要が伸び続ける安心の土地活用がしたい
  • 市街化調整区域の土地で使いづらい(※要相談)

補助金が出る土地活用はサービス付き高齢者向け住宅だけ。

「高齢者住宅を選ぶ5つのメリット」

建築費の10%補助が受けられる
一般的には建築費の本体価格(消費税込み)の10%が補助対象額です。補助金取得には膨大な資料作成と2~3ヶ月の申請期間が必要ですが、手馴れた会社にお願いするのが、最も確実かつスピーディーに補助金を受け取れます。
固定資産税が3分の2軽減(5年間)不動産取得税がゼロ円に
建物規模によって異なりますが、毎年の固定資産税だけでも50~100万円を節税することができます(5年間)。また、不動産取得税も300~400万円が節税が可能です。サ高住の経営でしか受けられない高い節税効果だと言えます。
運営管理の手間がまったくない
入居者募集から家賃回収、クレーム処理に至るまで、入居者の管理はすべて運営事業者が担当します。一般のアパートやマンションのように管理の手間はありませんので、何もしなくても毎月安定して家賃収入が得られます。
経年劣化による家賃下落がほとんどない
サービス付き高齢者向け住宅は、築10年、20年と建物が劣化したとしても、家賃を下げなければ入居者がつかない、ということは考えにくいとされています。なぜなら病院と同じで、新築の真新しい介護施設よりも、10年、20年と実績のある介護施設にお世話になりたいと思うのがご利用者のニーズだからです。
20~25年の長期一括借上
一括借上期間は現在、20~25年が一般的です。管理・運営を委託する運営会社は、大手から中小企業まで様々ですが、それぞれメリット・デメリットがあるので、十分注意して選定しましょう。長くお付き合いをしていくパートナーですから、どちらかが不利益を被るような契約は絶対にしてはいけません。

セミナーの申込みはこちら セミナーについてはこちら


集合住宅(アパート・マンション)

土地の有効活用で代表格と言えば、アパートやマンションなどの賃貸住宅の経営です。遊休地は更地の状態だと固定資産税や都市計画税が毎年のようにかかってくるため、節税を考えれば、そのまま放っておくことはオススメしません。2015年1月の相続大増税を機に、相続対策の対象者も大幅に増えました。そうは言っても、建物を建てることばかりが目的になってしまい、空室が多かったり、手取り収入が少なかったりすれば本末転倒です。まずは正しい知識を付けるところから始めましょう。

施工事例

若いファミリー層向けの住まいが急増しているエリアにも関わらず、そうした物件の供給が不足しているという市場調査の結果、3LDKで近隣相場よりもお手頃な家賃設定のRCマンションをご提案しました。
着工まもなく、満室となりました。賃貸住宅経営で最も大切なことは、地域で本当に求められているニーズをいち早く察知し、適正価格で市場に送り出すこと。つまり、建てる前から勝負は決まってしまっているということなのです。長く安心して満室経営を続けていただくための最適なプランをご提案します。

このような方におすすめ

  • 長期的にゆとりのある生活をしたい
  • 相続対策・節税対策を考えている
  • ニーズの高い若いファミリー層に貸したい

長く、安定した家賃収入ならT&Tの集合住宅シリーズ。相続・節税対策にも効果大です。

「集合住宅を選ぶ5つのメリット」

長期的に現金収入が得られる
アパート・マンション経営は、入居者様に住居を提供する対価として、毎月家賃収入を得ることができます。家賃は、現金収入として毎月安定的に得ることができるため、生活資金にゆとりが生まれます。また、老後の資金の確保に役立つ他、公的年金の先細りが不安視される中で、私的年金としての役割も担ってくれます。
節税効果が高い
例えば1戸あたりの敷地面積が200㎡以下の場合、土地にかかる固定資産税が通常の1/6に軽減され、建物に対する都市資産税は約1/3になります。通常だと、課税標準額に対して固定資産税が1.4%、都市計画税が0.3%が課税され、しかもこれは毎年増加傾向にあるため、節税はかなり得と言えるでしょう。
相続税対策
賃貸住宅経営を行なうと、その土地は「貸家建付地の評価減」を受け、評価額を約20%下げることができます(200㎡までの部分は50%以下に)。建物の場合も、現金というかたちで資産を保有しているより相続税評価額は6割も下げることができ、大幅に相続税を減らすことが可能です。
資産が目減りしない
賃貸住宅経営は、目減りしない投資として有名ですが、これは物価上昇や固定資産税の上昇などに応じて、家賃を引き上げることが可能だからなのです。
※目減りとは、投資による利回りよりも物価上昇率のほうが高い時に起こる現象です。
景気に左右されない
店舗や貸事務所の場合、そのときの社会情勢や景気に影響され家賃が急降下したり空室率が上昇したりしますが、賃貸マンションの場合は、景気が低迷しても家賃が急に下がったり入居者が急に減ることは、まずありませんので、安心して資産を形成することができます。

セミナーの申込みはこちら セミナーについてはこちら


戸建賃貸住宅

戸建賃貸が優れている点は様々ありますが、中でも建設費を低く抑え、かつ高い家賃を安定して回収できる点が、多くの方に選ばれている理由でしょう。また、節税対策や相続対策をお考えのオーナー様にとってもうってつけの商品です。兄弟など複数の相続人がいる場合、アパート・マンションだと共有することになり、紛争の原因となることが往々にしてありますが、戸建賃貸であれば、区画毎に複数の相続人に相続が可能なため、他の土地活用に比べ、紛争を防止できる効果があります。

施工事例

他の賃貸住宅と比べ、比較的投資を抑え、毎月高い家賃収入が得られる戸建賃貸経営。10%前後の利回りが゙期待できるため、高い資産運用が可能となります。
また、複数の相続人がいる場合は土地・建物をそれぞれ分筆することで、相続人同士のもめごとを避けるのにも役立ちます。これはとても重要なことで、分筆した土地ごとに売却ができることから、戸建賃貸は買い手も付きやすく、非常に流動性がが高い商品ということなのです。

このような方におすすめ

  • なるべく投資額をおさえたい!
  • アパートやマンションを建てるほど
     広い土地はない・・・
  • 変形した土地で活用しづらい・・・

低投資で利回り10%超のお得な土地活用!

「戸建賃貸住宅を選ぶ5つのメリット」

高い家賃設定
戸建賃貸は賃貸市場の中では希少性が高く、入居者が確保しやすいと言われています。
また、ファミリー層の中でも若いカップルをターゲットとしているため、家賃を高額に設定することができるのです。
低投資・高利回り
高い家賃を、安定して回収できるだけでなく、ほとんどの場合少ない建設費で済む点も戸建賃貸の魅力のひとつです。
優良な入居者が期待できる
繰り返しますが、入居者の多くがファミリー層なので、福利厚生で家賃補助のある正社員や、全国に支店があるような大企業の会社員など、優良な入居者が期待できます。15年以上住み続ける世帯が全体3割以上というデータも見逃せません。
維持管理が必要ない
建物の管理は賃貸住宅を経営するオーナー様にとって煩わしい作業ですが、戸建賃貸はエレベーターや階段などの共有スペースがなく、共用部分の維持管理の手間がかかりません。
変形地・狭小地でも可
アパート・マンションなどの場合20~30坪の変形地・狭小地での建設は不可能ですが、戸建賃貸住宅はそれが可能となります。また、50坪~60坪あれば、2棟の駐車場・庭付きの建物が実現できます。変形土地でも小さく区分けすることが可能です。

セミナーの申込みはこちら セミナーについてはこちら


デイサービス

「アパートやマンションを建てるほど大きな土地ではない」「できれば大きな投資は避けたい」「住宅地なのでコインパーキングやコンビニをやっても成り立たない。」こんなお悩みをお持ちの方に最適なのが、デイサービスです。デイサービスは、地域の高齢者がリハビリ予防などを行う介護施設。小額な資金で高い利回りの投資が行える点が最大の魅力です。50坪前後の比較的コンパクトな土地ではじめられますから、誰でも気軽に始めることができます。高齢社会の時代で、サービス付き高齢者向け住宅と同じく、益々そのニーズが高まる土地活用なのです。

施工事例

デイサービスはその店舗から3~5km圏内(あるいは隣接市など)に住む高齢者の自宅へ送迎車を出すので、立地条件は不問です。利用される高齢者は、比較的介護度が軽く、しっかりと歩行もできる元気な方もいれば、食事や排泄など一人では日常生活が困難な方が症状改善のために通われるケースもあります。通常10~20年を基本契約としているところが多く、毎年決まった賃料が入ってきますので安心です。もちろん、しっかとりとしたデイサービス事業者を選定する必要があることが事業の肝どころですので、弊社がお手伝いをさせていただきます。

このような方におすすめ

  • 住宅地なのでコンビニや駐車場の経営は難しい
  • 物件の管理、運営面倒でしたくない
  • 地域貢献したい

住宅地でコンビニも駐車場も難しい・・・それなら地域に感謝される土地活用!

「デイサービスを選ぶ5つのメリット」

小額投資で高利回り
「大きな投資は怖くてできない」安全な土地活用がしたい」実は、デイサービスは新築の場合でも5~6年ほどで投資回収できるため、非常に安全かつ、安定した収益確保が可能です。賃貸住宅などの空室リスクを気にされる方は、低投資で早期回収できるデイサービスをオススメします。
小さな土地から活用可能
50坪からもはじめられる点も魅力のひとつ。特に住宅立地の場合、駐車場やコンビニは立地選定が極めて厳しく誘致が難しい場合がありますが、デイサービスは立地を問いません。
市街化調整区域でも建設可
デイサービスは都市計画法上、福祉施設に該当するため、多くの場合、例えその土地が市街化調整区域であっても、建設が認められるケースがあります。賃貸住宅を検討されていて断念された方は、一度ご検討をお勧めします。
撤退リスクが少ない
「もしも介護会社が倒産したらどうしよう」といったご相談もいただきますが、デイサービスは飲食業や小売店とは違い、都道府県の許認可が必要な事業なので、撤退してしまうリスクは限りなく少ないと言えます。何より投資回収が早いことも、大きな安心材料でしょう。
地域貢献
デイサービスは極めて社会的意義の高い事業。介護サービスを提供する介護会社や医療機関だけでなく、利用者やその家族に至るまで、実に様々な人に影響を与えます。

セミナーの申込みはこちら セミナーについてはこちら

サービス付き高齢者向け住宅まるわかりガイドブック
まずはお気軽にご相談ください